外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 奈良県の医師宅放火殺人で、医師の長男(19)=殺人などの非行事実で中等少年院送致=の供述調書や鑑定書のコピーをフリージャーナリストに漏らしたとして秘密漏示罪に問われた精神科医崎浜盛三被告(51)の控訴審判決で大阪高裁は17日、懲役4月、執行猶予3年の一審奈良地裁判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。判決理由で「調書を見せたことには正当な理由はない」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信