外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は1日、反体制派への激しい武力弾圧が続くシリアの現地状況を調査しようとした人道問題調整室のエイモス室長(事務次長)が、シリアに入国できないことに「深い失望」を表明する報道向け声明を出した。安保理の報道声明は決議と異なり法的拘束力を持たないが、全会一致で決める。2月の非難決議案に拒否権を使ったロシア、中国も今回の声明には賛成した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信