外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北方領土における日本とロシアの共同経済活動の実現性を探るため、政府と民間による約70人の調査団が27日午前、北方四島に向け北海道・根室港を出発、同日午後に国後島に到着した。5日間の日程で国後のほか、択捉、色丹島を訪問。ロシア側の調査団と合同で、事業案として有力視されている水産加工、観光、医療分野などの関連施設を視察し、関係者と意見交換する。

共同通信