外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シドニー共同】日本鯨類研究所(東京)が米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」などを相手に、調査捕鯨妨害の差し止めなどを求めた訴訟で、米サンフランシスコの連邦高裁は現地時間の17日、南極海や公海上で妨害行為の差し止めを認める仮処分命令を出した。同研究所が18日、発表。研究所側は、今季も例年通り南極海での調査捕鯨を実施する予定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信