外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 製薬大手ノバルティスファーマの降圧剤ディオバンを巡る研究論文データ改ざん事件で、薬事法(現医薬品医療機器法)違反(誇大広告)の罪に問われた元社員白橋伸雄被告(66)に、東京地裁は16日、無罪判決(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

共同通信