ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

論文盗用のドイツ教育相が辞任

 【ウィーン共同】論文盗用を理由に哲学の博士号をはく奪されたドイツのシャバン教育相が9日、辞任した。ドイツのメディアが伝えた。シャバン氏はメルケル首相の側近の一人で、今年秋に予定される連邦議会(下院)選を経て3選を目指すメルケル氏にとって打撃になりそうだ。ニーダーザクセン州政府で科学相を務めるワンカ氏が後任に就く見通し。シャバン氏は「職務に支障をきたしてはならない」と辞任の理由を語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。