外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークで摘発された爆弾テロ計画の内偵捜査中、市警の秘密協力者が容疑者の爆弾製造を手伝うなど関与し過ぎた疑いがあったため、立件に消極姿勢を示した連邦捜査局(FBI)が市警との合同捜査に加わらなかったと22日付のニューヨーク・タイムズ紙が報じた。同紙によると、爆弾テロを準備した疑いで逮捕された容疑者は爆弾作り計画を市警の協力者に打ち明けており、その情報を基に捜査が進んだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信