外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 香川県警は19日、警察学校(高松市郷東町)で指導中に初任科生(24)にけがを負わせたとして、指導していた県警人事課の男性巡査長(28)を傷害容疑で書類送検する方針を固めた。送検容疑は、4月25日午後6時40分ごろ、警察学校の本館1階のロビーで、指導として腕立て伏せをさせていたが、初任科生が途中でできなくなったことに腹を立て、足をかけて倒し、左ひざ脱臼など5カ月のけがを負わせた疑い。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信