外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 尖閣諸島付近の中国漁船衝突の映像流出事件で、警視庁捜査1課は9日、内部調査の状況について説明を求めるため、海上保安庁の担当者の事情聴取を始めた。近く沖縄県警と合同捜査本部を設置し、映像を編集した石垣海上保安部(沖縄県石垣市)などに捜査員を派遣。石垣海保の職員らからも事情聴取するとともに、パソコンへのアクセス記録の解析を進める。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信