外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題で、警視庁が内田正人前監督(63)と井上奨前コーチを任意で聴取していたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。2人とも反則行為の指示はしていないと説明しているという。同庁は傷害罪の共謀共同正犯や教唆犯に当たる可能性もあるとみて、今後も2人から事情を聴き経緯を慎重に調べる。反則をした宮川泰介選手(20)からも事情を聴く方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信