外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 警視庁は1日2本に限り認めていた留置施設での喫煙を4月1日から全面的に禁止することを決め、12日に勾留中の容疑者ら約1550人に伝えた。警視庁によると、全面禁煙は全国の都道府県警で初めて。受動喫煙の影響などを考慮した。留置施設の取り扱いを定めた刑事収容施設法の施行規則は、喫煙を認めることができると規定。警視庁は30分間の運動時間の際、容疑者らが購入したたばこの喫煙を認めていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信