外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島西署交通課長の50代の男性警部が、捜査協力者らに支払う捜査報償費数十万円を着服した疑いがあることが17日、広島県警への取材で分かった。県警は、業務上横領の疑いなども視野に捜査を始めた。県警は、警部らから事情を聴き、容疑が固まれば立件する方針。警部は三原署に勤務していた2008年ごろ、捜査協力者らに報償費を支払ったように見せかけるなどして、報償費を流用した疑いが持たれている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信