世界の出来事

 作家の谷崎潤一郎(1886~1965年)が晩年につけていた日記8冊の内容が8日、明らかになった。右手の痛みや狭心症の発作など、体調不良に悩まされながらも執筆に執念を燃やした様子がうかがえる。同日発売の「谷崎潤一郎全集」(中央公論新社)第26巻(最終巻)に掲載されている。

共同通信

 世界の出来事