外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 作家の谷崎潤一郎(1886~1965年)が晩年につけていた日記8冊の内容が8日、明らかになった。右手の痛みや狭心症の発作など、体調不良に悩まされながらも執筆に執念を燃やした様子がうかがえる。同日発売の「谷崎潤一郎全集」(中央公論新社)第26巻(最終巻)に掲載されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信