外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の地下水モニタリング調査の最終結果で、有害物質のベンゼンが最大で環境基準の79倍検出されたことが14日、分かった。都が同日午後に開いた豊洲の土壌汚染対策を検討する「専門家会議」に暫定値として報告した。移転時期に影響が出る可能性もある。

共同通信