外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シドニー共同】オーストラリアのギラード首相は25日、与党・労働党内の政敵ラッド前首相との抗争を発端とするラッド氏派の閣僚の辞任を受け内閣改造を発表、党内の混乱終結を強調した。一連の混乱で基幹産業のエネルギー資源などを扱ってきた重要閣僚を失う結果となり、政権にとって打撃。24日には、国民の60%が労働党政権を「死に体」と見なしているとの世論調査結果も公表され、9月の総選挙での苦戦は不可避の情勢だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信