外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 飛騨路の秋の風物詩「高山祭」が9日、岐阜県高山市で始まり、人形や竜の装飾、金細工や彫刻がほどこされた豪華絢爛な10の屋台が古い町並みを彩った。午後6時からは、ちょうちんをともした屋台が町をめぐる「宵祭」が行われ、観光客を楽しませた。宵祭で、屋台に乗った法被姿の子どもや大人が太鼓や笛で祭りばやしを奏で始めると、沿道からは一斉に拍手が湧き起こった。高山祭は10日まで。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信