外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 西日本を中心とした豪雨により広島や愛媛、岡山など6府県の計95の医療機関が浸水や断水、停電などの被害を受けたことが20日、厚生労働省のまとめで分かった。診療停止や手術延期、患者のヘリコプター移送につながったケースもあり、多数の患者に影響が出た。病院が機能不全に陥る事態は大災害のたびに起きている。豪雨で甚大な被害が出てから2週間。専門家は「今後も全国で起こり得る。防災や相互支援計画の充実が急務」と指摘する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信