外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 西日本豪雨で流れ出たとみられる大量の流木やごみが中部地方から九州にかけ広範囲の海で確認されていることが26日、国土交通省などへの取材で分かった。中部、近畿、中国、四国、九州の5地方整備局で8~24日に計5115立方メートルを回収、漁業への影響も出ている。全体量は把握できず、大雨による海洋ごみの被害として過去最大規模の可能性もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信