外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山、広島、愛媛の3県で、犠牲者が出た土砂災害の発生時間帯は、7月6日夕から翌7日朝までの14時間半に集中していたことが5日、関係当局や遺族、住民らへの取材で分かった。身元が判明している104人のうち、約82%に当たる86人が該当した。大半の71人が自宅周辺で被災していたことも判明し、夜間の避難や情報伝達の難しさが改めて浮き彫りになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信