外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 九州北部の豪雨被災地で、ボランティアによる支援の動きが広がっている。福岡、大分両県で被災した主な自治体の社会福祉協議会によると、15日までの累計で約5千人が家屋に流れ込んだ土砂や使えなくなった家財道具の搬出を中心に携わった。3連休初日の15日は遠方からも駆け付け、活動が本格化した。

共同通信