外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 3人が死亡した鹿児島県奄美地方の豪雨災害で、鹿児島県は22日、奄美市住用町につながる国道58号の全面通行止めポイントが一部解除され、夜間を除き一般車の片側通行が可能になったと明らかにした。同町の住民約1600人の孤立状態が解消した。最大時39カ所だった国道などの全面通行止めポイントは十数カ所に減り、笠利町と竜郷町で20日から不通の電話、インターネット計約5800回線も復旧した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信