外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 西日本を中心とした豪雨災害により、浸水や校舎破損などの被害が出た小中学校が18道府県で270校に上ることが17日、文部科学省の集計で分かった。約半数を占めた岡山、広島、愛媛の3県は被災後、少なくとも計約150校が休校した。授業再開のめどが立たず事実上の夏休みに入る学校もあり、児童・生徒の心理的負担や学習面の影響が懸念される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信