外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦財務相は25日午前、外国為替市場で円高ドル安が進行していることについて「必要なときには適切な対応を取らなければならない」と述べ、日本単独での為替介入に踏み切る可能性を示唆した。財務相は「日銀とは緊密に連絡を取りながら対応したい」と強調。政府、日銀が一体となって対応を強化する方針。財務相は円高について「一方向に偏った動きという基本認識だ」と指摘。為替介入に踏み切れば約6年半ぶりとなる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信