外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の財閥、サムスンやLG、現代自動車グループのオーナーの子息らが経営する関係会社が26、27の両日、パン販売や飲食店経営から撤退する方針を次々に明らかにした。こうした関係会社は、パン販売や庶民が街角の露店で食べる韓国式の腸詰め「スンデ」など、零細自営業者の店が多い飲食店経営に次々に手を広げ、「無分別な金もうけ主義」との声が噴出。撤退は企業イメージの悪化を避ける目的とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信