外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 警視庁町田署は1日、約3400万円の貯金を隠して生活保護費を不正に受給したとして、詐欺の疑いで、埼玉県川口市並木、無職原正明容疑者(42)を逮捕した。「貯金は自分の借金返済に使ったが、残金は両親のも」と供述している。逮捕容疑は09年12月、貯金がないよう装った虚偽の生活保護申請書を東京都町田市の福祉事務所に提出して、15回にわたり生活保護費計約191万円を受け取り、医療費の支払いも免れた疑い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信