外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長野県軽井沢町のバス転落事故を受け、国土交通省が各地で実施した貸し切りバスに対する街頭監査で、計242台のうち86台(35・5%)で運行指示書に経路の記載がないなどの法令違反があったことが13日、明らかになった。監査は駅前など全国の延べ38カ所で実施。15人が死亡した事故後も、安全重視の姿勢が徹底されていない状況が浮き彫りになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信