外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚労省が14日発表した賃金の実態調査によると、09年中に平均賃金を引き下げた企業(予定を含む)の割合は前年より9・8ポイント増の12・9%で、現行方式調査を始めた99年以降で最も高かった。昨秋以降の不況による業績悪化で、賃下げ企業が相次いだ。業種別では、賃下げの割合が最も高かったのは建設業の23・4%。卸小売業の18・2%、宿泊・飲食サービス業の16・9%と続く。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信