外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売で厚生労働省の作業グループは20日、安全確保の新ルールを大筋でまとめた。ビタミン剤なども含め全種類の一般用医薬品について、購入者の連絡先の記録作成・保存を努力義務とした。店舗販売も同様の対応を努力義務としている。新たな副作用情報が判明した際などに迅速に連絡を取れるようにするのが狙い。厚労省は今後、最終取りまとめを待って薬事法や関連省令の改正作業を進める。

共同通信