外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ナイロビ共同】各国赤十字社の連合体「国際赤十字社・赤新月社連盟」(本部ジュネーブ)の次期会長選の投票が19日、ケニアの首都ナイロビで行われ、日本赤十字社の近衛忠てる社長(70)が当選した。1919年の同連盟設立以来、アジア出身の会長は初めて。22日に正式に就任する。任期は4年。当選後のあいさつで近衛氏は「使命を再確認し、新たな一歩を踏み出そう」と呼び掛けた。近衛氏は、細川護熙元首相の実弟。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信