外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ストックホルム共同】ノーベル物理学賞を受賞する赤崎勇名城大終身教授(85)が8日、ストックホルム大で記念講演し「目に染みるような青色の光は、私の研究人生の中でも思い出深い出来事の一つだ」と、世界で初めて青色発光ダイオード(LED)を実現した瞬間を振り返った。講演の題は「青色光に魅せられて」とした。

共同通信