外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 討ち入りを終えた浪士は白装束に身を包み、屋敷の周囲にはやりや刀が散乱している―。江戸時代の元禄15年12月14日(1703年1月30日)に起きた赤穂浪士の吉良上野介邸への討ち入りについて、江戸の庶民に飛び交った話を書き残した近江商人の書簡が見つかり、注目を集めている。

共同通信