外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 地球から5千万光年離れた超巨大ブラックホールを取り巻くガスを、詳しく調べることに成功したと東大などの国際チームが23日発表した。南米チリのアルマ望遠鏡を使って、ガスに含まれる分子の組成を特定した。ブラックホールの性質の解明に役立つ成果としている。

共同通信