外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ハノイ共同】ベトナム共産党が来月中旬の党大会で選出する最高指導部人事で、いったん内定した政治局メンバーの一部が、中央委員会での反対論再燃などで内定を撤回されたり辞退したりするなど、論議が混乱していることが28日、分かった。複数の同党筋が明らかにした。党大会目前に人事が流動化するのは異例。次期書記長らトップ3に変更はないものの、決着が党大会本番まで持ち越される可能性もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信