外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北九州市で開かれていた日中韓の環境相会合は6日、微小粒子状物質「PM2・5」の飛来など国境を越える大気汚染の防止対策を進めるため、3カ国が事務レベルで定期的に情報交換する「政策対話」の新設を柱とする共同声明を採択し、閉幕した。日中関係が悪化する中、汚染防止に関する新たな枠組みづくりへの合意にこぎ着けた。日本政府は環境分野での協力をてこに外交関係の修復にもつなげたい考えだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信