外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】学生らの民主化要求デモを中国当局が武力弾圧した1989年の天安門事件で失脚した趙紫陽・元共産党総書記の死去から17日で7年となり、北京市内の自宅で追悼会が開かれた。親族や多数の友人らが訪れ、「趙氏の時代は、今ほど腐敗はなかった」と懐かしむ声が上がった。趙氏は事件当時、学生らを擁護したとされ、自宅周辺を公安関係者らが警戒する中、次々と追悼客が訪れ、祭壇に花を手向けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信