外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】大韓航空前副社長の趙顕娥被告(40)が客室乗務員のナッツの出し方に怒り離陸を遅らせた事件で、趙被告が機内で「私が(飛行機を)止めろと言っている」などと繰り返し発言し、旅客機を停止するよう指示していたことが分かった。韓国紙、京郷新聞などが16日、入手した起訴状を基に事件を再現する記事を掲載した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信