外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北海道大と森林総合研究所(茨城県つくば市)などの研究チームは26日までに、獲物のわずかな音を頼りに狩りをする夜行性のフクロウ類は、道路から120メートル以内の範囲では車の騒音に邪魔され、獲物を見つける能力が17~89%低下するとの研究成果を英科学誌電子版に発表した。交通騒音がフクロウ類の狩りに及ぼす影響を、野外で明らかにした研究は初めてという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信