外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が世界文化遺産に推薦する「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の目玉、端島炭坑(通称・軍艦島)を特徴づける鉄筋コンクリート製の高層建物群について、地元長崎市の専門家委員会が「画期的な保存方法が確立しない限り、崩壊し数十年の間に多くが失われる可能性がある」と指摘していたことが25日、分かった。世界文化遺産に登録する施設は原則として現状保存が求められる。

共同通信