外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 富士重工業は29日、最後の軽商用車「スバル サンバー」の生産を終え、1958年発売の「スバル360」以来、54年の軽自動車生産の歴史に幕を下ろした。販売は、ダイハツ工業から供給を受けて続ける。軽自動車を生産してきた群馬製作所本工場(群馬県太田市)は、3月からトヨタ自動車と共同開発した小型スポーツ車などに切り替える。富士重工は、主力車「レガシィ」など普通乗用車の開発や生産に経営資源を集中する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信