外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 23日午後2時25分ごろ、千葉県八千代市尾崎の水田に、男性3人と女性1人が乗った軽飛行機が不時着し、副操縦士の千葉市美浜区の男性会社役員(58)が、顔に軽傷を負った。県警によると、操縦士の同県習志野市の男性会社員(47)らは「離陸後間もなく、突然エンジンの出力が低下した」と話しており、詳しい状況を調べている。操縦士と副操縦士は、知人夫婦を乗せて、同日午後2時15分に大利根飛行場を離陸した。

共同通信