外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中国製ギョーザ中毒事件を受け、冷凍ギョーザ以外の輸入商品の回収や廃棄も余儀なくされたとして、冷凍食品大手テーブルマーク(旧加ト吉、香川県観音寺市)が輸入元の日協食品(東京)に約1億5千万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は22日、ほぼ全額の支払いを命じた。事件は08年1月に発覚。中国河北省の天洋食品製の冷凍ギョーザを食べた千葉、兵庫両県の3家族計10人が有機リン系中毒になった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信