ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

輸入小麦、9・7%値上げへ

 農林水産省は27日、国が買い入れた輸入小麦を製粉会社などに売り渡す価格を、4月から主要5銘柄平均で9・7%引き上げ、1トン当たり5万4990円にすると発表した。小麦の国際価格が上がったことに加え、外国為替市場の円安進行が輸入価格を押し上げた。値上げは昨年10月の価格改定から2回連続で、値上げ幅は2011年4月(18%)以来の大きさ。家庭用小麦粉や、パン、菓子、麺類値上げなど家計に響きそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。