外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 農漁村で太陽光など再生可能エネルギー発電の導入を推進するため、農水省が新法制定を検討していることが3日明らかになった。発電設備の用地確保に向け耕作放棄地を集約する制度を創設。再生可能エネルギー発電と農業などの両立を通じ地域振興を図る。今月召集の通常国会に法案を提出。新法では、国が再生可能エネルギー促進の方針を策定。市町村は発電設備を整備する区域、農林漁業強化の取り組みを盛り込んだ計画を作成する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信