外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府と沖縄県は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設問題をめぐる集中協議期間が終了する9日以降も、妥協点を探るための話し合いを継続する方向で調整に入った。普天間飛行場の運用停止に向けた既存会議の活用を検討しており、7日に開催する5回目の集中協議で正式に合意する見通しだ。複数の協議関係筋が3日、明らかにした。

共同通信