外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県の翁長雄志知事は24日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、国との和解条項に定められた今月28日までの提訴を見送る方針を固めた。両者の対立を審査した第三者機関「国地方係争処理委員会」が判断を避けたのを受けた対応だが、和解条項で国と交わした段取りから外れる形となる。辺野古移設について両者が司法決着を図る道筋は不透明になった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信