外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県の翁長雄志知事は12日、就任後初めての定例県議会で所信表明演説を行い、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への反対を柱とした県政運営の方針を強調した。仲井真弘多前知事による昨年末の名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認に「瑕疵があった場合は取り消しを検討する」と明言した。

共同通信