外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県の仲井真知事は27日、米軍普天間飛行場の移設に向け政府が申請した名護市辺野古沿岸部の埋め立てを承認した。承認書に知事の公印が押された。県幹部が明らかにした。普天間問題は日米両政府による返還合意から17年を経て、県内移設へ動きだす。一方で、自らの公約である「県外移設」の主張は堅持。午後に県庁で記者会見し承認を正式表明する際に「知事コメント」として公表する。

共同通信