外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相は2日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に向けた名護市辺野古沖の公有水面埋め立て申請について、2月下旬の訪米前は見送る方針を表明した。仲井真弘多知事との会談後、那覇市で記者団の質問に対し「(訪米前の申請は)考えていない」と明言した。県外移設を求める仲井真氏や県民の意向を考慮し、手続きを慎重に進める必要があると判断したとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信