米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る県民投票が14日、告示された。選挙と異なり、辺野古移設の賛否に絞って県民が直接民意を示すのは初めて。一部の離島を除き、24日に県内全域で一斉に投開票される。国への法的拘束力はないため、結果によらず日米同盟の抑止力維持などを理由に移設工事は続く見込みだ。県民から大きな反発を招く可能性もあり、国の対応が焦点となる。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。