外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、国が翁長雄志知事の対応が違法であることの確認を求めた訴訟の第1回口頭弁論が5日、福岡高裁那覇支部で開かれた。翁長知事が意見陳述し「政府は沖縄の民意を無視し、過重な基地負担を将来にわたって固定化し続けようとしている」と国の強硬姿勢を批判した。話し合いによる決着の見通しが立たない中、異例の法廷闘争が再び始まった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信